現代はいつでもどこでも決済できる利便性の高いカード社会と言える

日本ではカード破産や借金のイメージのせいか決済方法の主流としてはまだまだ現金払いが多いですよね。

 

しかし、本当に現金払いの方が優れているのでしょうか。まず、現金払いの利点を上げるなら高額な買い物をした時、現金払いだと値引きしてもらえることがある。カード払いだと販売店はカード会社に手数料を払わなければいけないため、現金で払う場合いくらか値引きをしてもらえる可能性があります。

 

もう一つの利点をあげるとするなら、いくら使いすぎても持っている分以上にお金がなくなることは無い、つまり借金をすることがない点でしょうか。しかし、これはよそから借金をしてくれば結局カードで支払うのと変わりありません。

 

一方のカードのメリットですが何よりポイントなどの特典があることではないでしょうか、特に高額であればあるほどその恩恵は大きいものがあります。先ほど書いたように現金払いで値引きをしてくれるのであれば現金払いが有利となりますが、変わらないのであればポイント分カードが大変有利となります。カードの還元率にもよりますがものによっては1%以上の値引き高価になることもしばしば。

 

また、最近ではサインレスで決済できる店舗も増え買い物の際の利便性も向上しています。カードと言ったらある程度高額なものでの使用をイメージしがちですがサインレスであれば一々小銭を取り出す手間を省けるため少額な買い物に使用するにも非常に便利です。このように現金と比べて様々なメリットがあるクレジットカードですので、クレジットを毛嫌いせずにどんどん利用してみてはどうでしょうか。