JCB EITカードのデメリットについて

JCB EITカードのデメリットについて見ていきましょう。

 

JCB EITカードのデメリットは、JCBが発行しているため、他の有名なカードのものは選択できません。海外旅行に行った場合には、JCB EITカードが使用できないお店もあるためデメリットになります。

 

しかしながら、JCB EITカードは無料の年会費で、海外旅行保険が付いており、この他にはお金が一切かかりません。万一、海外旅行の場合に病気になっても、病院で現金無しでも診察・治療を行ってくれます。

 

JCB EITカードのデメリットは、リボ専用ということです。つまり、一括払いを普通のクレジットカードのように行うことができなく、リボ扱いのみになります。高い手数料をお金を毎回払うたびに支払うようになります。

 

しかしながら、リボ払いを「全額コース」に設定して、5万円以内に月々の支払いを抑えると手数料はかからなくなります。そのため、JCB EITカードは多く買い物をする場合にはあまりおすすめではなく、サブカードとして海外旅行保険のために所持するのがおすすめでしょう。

 

というのは、海外旅行保険が所持しているのみで適用されるという素晴らしいものであるからです。それでもJCB EITカードはやはりおすすめです。JCB EITカードは、最短3日で作れ、盗難保険も付帯しています。誰でも18歳以上であれば申込みでき、比較的審査もあまいそうです。